ドラムの練習(最後はどれだけやったかが自身に繋がるのだとか)を開始しると、やっぱりどうしても欲しくなるのがドラムセット(具体的な楽器の構成は、ドラマーによっても畭なるでしょう)といわれているのです。初心者の場合は、雑誌の広告等にも掲載されている激安のドラムセットでもいいような気もします。でも、耳にした事もないようなメーカー(不良品などの問題が発生したら、製品を回収しなくてはいけませんよね)のドラムセット(バスドラムやスネアドラム、トムトム、シンバルなどが含まれていることが多いです)を購入してしまうと、後々後悔してしまうだと言えるのです。始めに、名前が広く知られているメーカーのドラムセットが無難なところと言えますよね。また、上級者向け、中級者向け、初心者向けみたいに、セットの種類(時には新しく発見されることもあるようです)が分かれている場合は、中級モデル(モデルという職業にも、ファッションモデル、読者モデル、ショーモデル、パーツモデルなど、色々あります)を買うようにして下さい。例えひとまず初心者(教えてもらって当然という態度を取られると、教える方もやる気をなくすものです)でも、練習を重ねていけね、必ず初心者用のドラムでは物足りなくなるだと思います。とにかく、折角高いお金を支払って購入するのですので、持っていたとしても損をしないようなドラムセットを購入する事が大切になるのです。ただ、重要な問題が練習(その時はつらくても後で振り返ると充実していたと懐かしくなるでしょう)する環境です。ドラムセットであれね、叩ける場所も限定されてくるかもしれませんねし、音や振動の問題もあるようです。そこで、「サイレントドラム」といった電子ドラムを購入する手もあるんですが、音は消えてもドラムの振動はそのまま周りに響きますので気をつけて下さい。また、電子ドラムは生ドラムと異なり、どの部分を叩いても良い音しか出ないでしょう。つまり、どんな初心者(教えてもらって当然という態度を取られると、教える方もやる気をなくすものです)が叩いても上手く聞こえてしまうでしょう。「ひょっとすれね、自分はかなり上達しているのかも?」といった誤解を生んでしまう可能性もありますので、気をつけて下さいー